PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

被災地でのペットの食事に関するアドバイス

■避難時のペットの食事に関するアドバイス

被災者の皆様、そしてそのご家族・ご友人・関係者の皆様、そして大切なペットたちにも大事が無いように、
心からお祈りいたします。

避難などで、ペットの食事に関するアドバイスです。
無添加フードが少ない、もしくは無くて困っている場合です。
*このアドバイスは転送可能です。困っている方に転送下さい。


1。無添加ペットフーが少ない場合で、ごはんや野菜、お肉がある場合は、半分ぐらいまで、愛犬ならごはん6と野菜2、肉2ぐらいの割合、愛猫ならごはん4と野菜2、肉4ぐらいの割合、適当でかまいませんのでまぜてあげて、できればスープや水などをかけ、塩分や糖分などの味付けをせずに食べさせてあげてください。
  ペットフードは総合栄養食ですが、緊急時ですし、短期間ですし、この程度なら栄養バランスを大きく崩しません。

2。無添加ペットフードがなく、ごはんや野菜やお肉などがある場合は、手作りごはんが作れたらつくりましょう。
  愛犬ならごはん6と野菜2、肉2ぐらいの割合、愛猫ならごはん4と野菜2、肉4ぐらいの割合、火が使えるようでしたら、お肉と野菜を軽く煮て、冷ましてからごはんをいれて、クッパのようなヒタヒタごはんでオーケーです。
  火が使えない場合は、混ぜて水をかけるだけでもオーケーです。
  ある程度適当でかまいませんのでまぜてあげて、塩分や糖分などの味付けをせずに食べさせてあげてください。
  ペットフードは総合栄養食ですが、1日の給仕量が愛犬の頭蓋骨の大きさ程度が目安です。
  緊急時ですし、短期間ですし、あまり難しく考えないでください。

3。配給のおむすびなどしかない場合、人間用に塩分の高い具や塩で味付けされているので、具をとりのぞき、
  ごはんを軽く水で洗って塩分などを落とし、水をかけてヒタヒタごはんでオーケーです。
  ペットが食べてよい野菜なら生であげてもいいです。
  緊急時ですし、短期間ですし、あまり難しく考えないでください。

4。便が安定しなくなる可能性があります。
  これは日頃食べていない食事を摂取して、腸内細菌がその対応に追いつかない可能性が高いです。
  精神的な問題もあるかもしれません。
  無糖ヨーグルトで整腸してあげたり、長い子でも数日で安定すると思います。
 

被災で精神的にも余裕がないと思います。
緊急時ですし、短期間ですし、あまり難しく考えないようにしましょう。
転載可わんのはな楽天市場店より
スポンサーサイト

| 日常 | 14:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kumantab.blog72.fc2.com/tb.php/454-e5d2bad4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT