PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ジンジャーマンバッグのあれこれ

絶賛開催中の『Christmas Delight』展、もう行きましたか?
有名な羊毛レトロアニマル作家さんなども参加されているので、ぜひぜひ実物を見に行きたいものです。
早くどこでもドア発明されないかなー。

lele2012x.jpg

どこにあたしのベアがいるか分かりますか?
画像はレレジュニームーンさんのブログからお借りしました。

忘れていたわけではありませんが、『Christmas Delight』展に送り出したベアたちのジンジャーマンバッグの制作過程などを書いてみようと思います。

まず、ジンジャーマンバッグにしよう!と思いついたのが結構遅かった。
締め切りぎりぎりだったので、思いついてからの行動が大変でした。
まず台紙にフェルトを使おうと思い、家の在庫をあさったけど思い描いている色がありません。
クロネコで発送しなくてはならない日の朝のことでございます。
あと、ベアが見えるようにビニールのやつも買いに行かなくちゃ!
これはホームセンターですぐ買えるので心配なし。
あ、でも針通らないかもしれないから皮に穴開ける道具みたいなやつもいるなぁ。
なんて思いながらいつも行く手芸屋に行きました。
そこで穴ポンチを探すも、欲しいサイズが売り切れ!
フェルトはいいのが見つかった。
あ、ビニールも売ってる・・・と手に持ってみたものの、ポンチがないならホームセンターにはどっちみち行かなくちゃならないかと、とりあえずフェルトとジンジャーマンを刺繍する刺繍糸だけ購入しました。

その後すぐ近所にあるホームセンターに行き、穴ポンチを手芸屋の1/4くらいの値段でゲット。
こういう道具系は、ホームセンターが安いですよ!
そしてビニールもゲット。
急いで原付をとばし家に戻りました。
ジンジャーマンをパパッと画像検索し、こんな形なのねと型紙を作りフェルトを切り抜きます。
それに目や鼻を描いてそこを刺繍。
ふーっふーっふー、発送締め切り時間がどんどん迫って来ます。
ビニールも同じ形に切り抜き、あら、針通るわ。
そして周りをちくちく縫ってバッグ完成。
同じものをもう1個作って、ベアを入れて梱包してなんとか夕方の発走時間に間に合ったのでした。

縫いながら何度、「遅れます」ってメールしようかと思ったことか!
小春の散歩も後回しにして、せっせと手を動かしたのでした。
荷物がレレさんに到着して、お店の方がいつも感想をメールしてくれます。
実はこれが一番嬉しいー。いつもべた褒めしてくれるからw

制作には余裕を持って!
ベアを作り始めた頃からの永遠のテーマです。

ベアをつるす方法、毎回悩むのです。
みんなだったらどんな方法にしますか?
過去、紐をたすきがけにしたこともあるけど、頭が重くくるりと回転してうまくいきませんでした。
画像見たら、隣にテーブル配置もあるようなので、次回はつるさない方法にしましょうかね(●´ω`●)

あ、そうそう、買った穴開けポンチ、ごちゃごちゃといろいろ入っている棚から同じサイズが出てきました。
がーん!


スポンサーサイト

| テディベア | 00:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

アイデアのタイミング

ギリギリに頑張りましたね。底力感じます〜。
ツリーにつるしているの、よくわかりますよ。
私もギリギリに良いアイデアが降ってくるように感じます。
だから、いつも私はギリギリにバタバタです。

つるし方。
確かに首だと回っちゃいますね。
今回のジンジャーマン、とっても良いと思いますよ。
産みの苦しみがあるから、作品に愛着を感じますね。

| PESCA | 2012/12/02 10:18 | URL |

>PESCAさん

ほんとアイデアが出ないのは一番大変でした。
作りたいクマだけ作っているいつものイベントとはちょっと違うくて、テーマがあると難しいけど、自分では手を出さないカラーだ!とか思って、楽しんでやっています(*´ω`)
つるし方、難しいです!
ベアはやっぱり実物を触って、毛並みや固さ柔らかさ、ポーズの楽しさを知って欲しいですよねっ。

| くまんた | 2012/12/02 23:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kumantab.blog72.fc2.com/tb.php/595-15b66b08

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT